• Prime Video Presents Live Boxing 9が2024年7月20日に独占ライブ配信される。
  • 那須川天心のボクシング4戦目や中谷潤人と田中恒成の初防衛戦が含まれる。
  • 中谷潤人対ビンセント・アストロラビオ、田中恒成対ジョナタン・ロドリゲス、加納陸対アンソニー・オラスクアガの試合が行われる。
  • Prime Video Presents Live BoxingはAmazonプライム特典対象のライブ配信。
  • 過去のPrime Video Presents Live Boxingは2022年4月9日から2023年5月6日まで行われてきた。

『Prime Video Presents Live Boxing 9』那須川天心のボクシング4戦目などをPrime Video(プライムビデオ)で 2024年7月20日 独占ライブ配信決定

那須川天心のボクシング4戦目は世界4位の強豪との世界ランカー対決! 日本人選手が席巻するバンタム級では、米・リング誌のパウンド・フォー・パウンドランキングで10位にランクインしたWBC世界バンタム級王者中谷潤人が指名挑戦者を迎えて初防衛戦に挑む Prime Video(プライムビデオ)は『Prime Video Presents Live Boxing 9』として、2024年7月20日(土)に東京・両国国技館で行われる那須川天心選手(帝拳)対ジョナサン・ロドリゲス選手(アメリカ)のバンタム級世界ランカー対決と、2月に3階級制覇を成し遂げた中谷潤人選手(MT)、同じく2月に4階級制覇を達成した田中恒成選手(畑中)の各初防衛戦を含むトリプル世界戦を独占ライブ配信します。トリプル世界戦は、中谷選手対ビンセント・アストロラビオ選手(フィリピン)のWBC世界バンタム級タイトルマッチ、田中選手対ジョナタン・ロドリゲス選手(メキシコ)のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ、そして加納陸選手(大成)対アンソニー・オラスクアガ選手(アメリカ)のWBO世界フライ級王座決定戦の3試合です。『Prime Video Presents Live Boxing』はAmazonプライム特典対象のライブ配信です。プライム会員の皆様は、お急ぎ便やお届け日時指定便などの迅速で便利な配送特典を追加料金なしで無制限に利用できるほか、そのほかさまざまなショッピング特典やエンターテインメントをお楽しみいただけます。 『Prime Video Presents Live Boxing』の歴史『Prime Video Presents Live Boxing』は下記のとおり2022年4月9日の第1弾から今年5月6日の第8弾まで、すべて独占ライブ配信してきました。Prime Video Presents Live Boxing第1弾 2022年4月9日村田諒太(帝拳)対ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)―WBA・IBF世界ミドル級王座統一戦中谷潤人(MT)対山内涼太(角海老宝石)―WBO世界フライ級タイトルマッチ Prime Video Presents Live Boxing第2弾 2022年6月7日 井上尚弥(大橋)対ノニト・ドネア(フィリピン)―WBA・IBF・WBC世界バンタム級王座統一戦 Prime Video Presents Live Boxing第3弾 2022年11月1日 寺地拳四朗(BMB)対京口紘人(ワタナベ)―WBC・WBA世界ライトフライ級王座統一戦 Prime Video Presents Live Boxing第4弾 2023年4月8日 那須川天心(帝拳)プロデビュー戦寺地拳四朗対アンソニー・オラスクアガ(アメリカ)―WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ井上拓真(大橋)対リボリオ・ソリス(ベネズエラ)―WBA世界バンタム級王座決定戦 Prime Video Presents Live Boxing第5弾 2023年9月18日那須川天心 プロ第2戦寺地拳四朗対ヘッキー・ブドラー(南アフリカ共和国)―WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ中谷潤人対アルヒ・コルテス(メキシコ)―WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ Prime Video Presents Live Boxing第6弾 2024年1月23日那須川天心対ルイス・ロブレス(メキシコ)寺地拳四朗対カルロス・カニサレス(ベネズエラ)―WBC・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチアルテム・ダラキアン(ウクライナ)対ユーリ阿久井政悟(倉敷守安)―WBA世界フライ級タイトルマッチ Prime Video Presents Live Boxing第7弾 2024年2月24日 井上拓真対ジェルウィン・アンカハス(フィリピン)―WBA世界バンタム級タイトルマッチアレハンドロ・サンティアゴ(メキシコ)対中谷潤人―WBC世界バンタム級タイトルマッチ田中恒成(畑中)対クリスチャン・バカセグア(メキシコ)―WBO世界スーパーフライ級王座決定戦 Prime Video Presents Live Boxing第8弾 2024年5月6日井上尚弥(大橋)対ルイス・ネリ(メキシコ)―4団体統一世界スーパーバンタム級タイトルマッチジェイソン・マロニー(オーストラリア)対武居由樹(大橋)―WBO世界バンタム級タイトルマッチ井上拓真(大橋)対石田匠(井岡)―WBA世界バンタム級タイトルマッチユーリ阿久井政悟(倉敷守安)対桑原拓(大橋)―WBA世界フライ級タイトルマッチ いずれの試合も期待どおりの激闘になり、視聴者の皆様にはボクシングの持つ迫力、醍醐味をお伝えすることができたと確信しています。特に、先日独占ライブ配信した第8弾のメインカード、井上選手対ネリ選手のTKOシーンはPrime Videoの日本国内での史上最大のピーク視聴数を記録し、あらためてボクシングコンテンツの魅力や価値を認識しました。これまでの『Prime Video Presents Live Boxing』はこちらからご覧いただけます 『Prime Video Presents Live Boxing 9』の見どころ那須川vsロドリゲス バンタム級世界ランカー対決昨年4月に日本2位の与那覇勇気選手(真正)からダウンを奪って6回判定勝ちを収めてプロボクサーとしてデビューした那須川選手は、9月の第2戦ではメキシコの国内王者と対戦。KOこそ逃したものの2度のダウンを奪う圧倒的な内容で8回判定勝ちを飾りました。この2戦で日本、東洋太平洋、WBOアジアパシフィックのトップ15内にランクされると、今年1月にはバンタム級でWBA、WBO14位にランクされる世界ランカーのルイス・ロブレス選手(メキシコ)に3回終了TKO勝ち。現在、3戦全勝(1KO)の那須川選手はWBA7位、WBO10位、WBC13位にランクされています。今回が初の10回戦となります。対するロドリゲス選手は2018年にプロデビューし、以来6年間に20戦17勝(7KO)2敗1分の戦績を残しています。昨年11月には元WBA世界スーパーフライ級王者で当時はWBA世界バンタム級4位にランクされていたカリド・ヤファイ選手(イギリス)と対戦。右のロングフックなどで2度のダウンを奪ったすえ1回KO勝ちを収めています。今年2月、アントニオ・バルガス選手(アメリカ)との世界ランカー対決では初回にダウンを奪ったものの、自身も2度のダウンを喫し7回終了TKOで敗れています。これが再起戦となります。キックボクシング時代から見せていた抜群のスピードと反射神経に加え、力強いパンチが備わってきたを成長著しいサウスポーの那須川選手が前戦に続いてKO勝ちを収めるのでしょうか、それともロドリゲス選手が上位ランカーの意地を見せつけるのでしょうか。中谷は危険度の高い指名挑戦者を迎撃中谷選手対アストロラビオ選手はWBCの指名試合として行われます。長身サウスポーの中谷選手は長中短どの距離でも戦える万能型の強打者で、海外でも2度の世界戦を経験しています。昨年5月のWBO世界スーパーフライ級王座決定戦では元WBA同級王者のアンドリュー・マロニー選手(オーストラリア)を最終12回に左フック一撃でKO、複数のメディアから「年間最高KO」に選ばれています。また、今年2月にはタフで知られ、井上尚弥選手と激闘を繰り広げたノニト・ドネア選手(フィリピン)にも勝利しているアレハンドロ・サンティアゴ選手(メキシコ)を翻弄し、2度のダウンを奪って6回TKO勝ち、フライ級、スーパーフライ級に続く3つ目の世界王座を獲得したばかりです。挑戦者のアストロラビオ選手は3年前まではノーマークの選手でしたが、2022年2月に2階級制覇王者のギジェルモ・リゴンドー選手(キューバ)を10回判定で破る番狂わせを起こして世界トップ戦線に急浮上。次戦ではIBF3位のニコライ・ポタポフ選手(ロシア)を6回で粉砕しています。昨年5月のWBO世界バンタム級王座決定戦ではジェイソン・マロニー選手(オーストラリア)に惜敗しましたが、3ヵ月後のWBC挑戦者決定戦で強豪ナワポーン・ソールンビサイ選手(タイ)に11回TKO勝ちを収め、中谷選手への指名挑戦権を獲得しています。小細工なしの右ファイターだけに危険度の高い選手といえます。世界戦6連勝(5KO)の中谷選手が格の違いを見せつけるのか、それともアストロラビオ選手が再び番狂わせを起こすのでしょうか。一瞬も目の離せない試合になりそうです。4階級制覇の田中は攻撃型のロドリゲスと初防衛戦2月にクリスチャン・バカセグア選手(メキシコ)を大差の判定で下して空位のWBO世界スーパーフライ級王座を獲得、4階級制覇を成し遂げた田中恒成選手が初防衛戦に臨みます。プロ転向5戦目にWBO世界ミニマム級王座、8戦目にWBO世界ライトフライ級王座、12戦目にWBO世界フライ級王座を獲得するなどスピード出世してきた田中選手ですが、2020年12月、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔選手(志成)に8回TKO負けを喫し、急停車を強いられました。そこから奮起し、先のバカセグア戦を含め5連勝(2KO)を収めています。しかし、4個目の王座を獲得しても満足しているわけではなく、井岡選手ら対抗王者たちとの統一戦を近未来の目標に定めています。そんな田中選手に挑むジョナタン・ロドリゲス選手は「Titan(タイタン=巨神)」というニックネームを持つ選手で、9年のプロ生活で28戦25勝(17KO)2敗1分のレコードを残しています。敗北の一つは3年前、ジェルウィン・アンカハス選手(フィリピン)の持つIBF世界スーパーフライ級王座に挑んだときのものです。8回にダウンを喫しながらも必死に食らいつきましたが、3対0の判定で敗れています。再起して4連勝を収めたあと、昨年7月に世界挑戦経験4度のイスラエル・ゴンサレス選手(メキシコ)との10回戦で引き分けています。今回が1年ぶりのリングとなります。井岡戦後、攻撃に加えディフェンス面の向上にも努めてきたという田中選手がさらにスケールアップした姿を披露するのか、それともスタミナのある攻撃型のロドリゲス選手が波乱を起こすのでしょうか。挫折から這い上がった加納とオラスクアガ どちらが初戴冠?加納陸選手対アンソニー・オラスクアガ選手のWBO世界フライ級王座決定戦にも要注目です。この王座はジェシー・ロドリゲス選手(アメリカ)がスーパーフライ級に転向するために返上したもので、1位の加納選手は8年ぶり、2位のオラスクアガ選手は昨年4月の寺地拳四朗選手(BMB)戦以来1年3ヵ月ぶりに戴冠のチャンスが巡ってきたことになります。加納選手はJBC(日本ボクシングコミッション)管理下では2015年6月に17歳でプロデビューしていますが、それ以前にフィリピンとタイで実戦経験があります。国内デビューから5戦目にミニマム級のWBOアジアパシフィック王座を獲得し、次戦では最年少戴冠記録を狙って高山勝成選手(仲里)とのWBO世界ミニマム級王座決定戦に臨みましたが、6回負傷判定負けを喫しています。以後、2度の挫折を味わいましたが、その度に再起。階級もライトフライ級からフライ級に上げ、アジアパシフィック王座を獲得して1位に上がってきました。JBC管理下の戦績は21戦17勝(8KO)3敗1分です。一方のオラスクアガ選手はアマチュアを経て2020年9月にプロ転向を果たし、4年間で7戦6勝(4KO)1敗の戦績を残しています。唯一の敗北は昨年4月に寺地選手に喫したものですが、9回まで果敢に打ち合った末のTKO負けで、株を落とすものではありませんでした。昨年9月に再来日し、世界挑戦経験者のジーメル・マグラモ選手(フィリピン)に7回TKO勝ちを収めています。挫折から這い上がってきた両者に巡ってきた大きなチャンス。どちらがベルトを手にするのでしょうか。 『Prime Video Presents Live Boxing 9』配信予定試合配信日:2024年7月20日(土)WBC世界バンタム級タイトルマッチ中谷潤人(MT)対ビンセント・アストロラビオ(フィリピン)WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ田中恒成(畑中)対ジョナタン・ロドリゲス(メキシコ)WBO 世界フライ級王座決定戦加納陸(大成)対アンソニー・オラスクアガ(アメリカ)スペシャルアトラクション那須川天心(日本)対ジョナサン・ロドリゲス(アメリカ)※試合順は未定です。『Prime Video Presents Live Boxing 9』の視聴にはAmazon Primeの会員登録が必要です(Amazonプライムについて詳しくはamazon.co.jp/primeへ)。そのほかのAmazonのニュースを読む 関連キーワード Amazon Prime Video

全文表示

ソース:https://www.aboutamazon.jp/news/entertainment/prime-video-presents-live-boxing-9-announcement

「Amazon Prime Video 」最新情報はこちら Amazon Prime Video の動画をもっと見る
6月3日
前日の様子
ゲームセールス:圏外
総合セールス:91位
無料ランキング:圏外
24'6月4日(火曜日)
記事掲載日
※1日の最高順位
ゲームセールス:圏外
総合セールス:78位
無料ランキング:圏外
運営 AMZN Mobile LLC
Amazon Prime Video情報
Amazon Prime Videoについて何でもお気軽にコメントしてください(匿名)

「沈黙の艦隊」、「バチェラー・ジャパン」、「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」、「ザ・ボーイズ」、「HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル」含む人気の映画・テレビ番組などをお楽しみいただけます。※視聴には会員登録が必要です。※国・地域によって視聴可能な作品は異なります。 
アプリの機能: • 作品をダウンロードして、いつでもどこでもオフラインで視聴できます*1。 • 他のアプリやウェブサイトを操作中でも、ピクチャ・イン・ピクチャ(PiP)を使ってお気に入りの映画、TV番組、ライブイベントの視聴を継続できます。 • 新作映画やテレビ番組をオンデマンドでレンタルまたは購入いただけます。(国・地域によって異なります。) • アカウント内で複数のプロフィールを作成して、ユーザープロフィールごとにタイトルを管理できます。 • 別途iOSアプリをダウンロードして、iPhoneやiPadでも観ることができます(iOS 14以降が必要です) • 別途tvOSアプリをダウンロードして、Apple TVで観ることができます(第3世代以降のApple TVが必要です)。 • プライム会員はdアニメストア for Prime Video、NHKオンデマンド、韓国ドラマ・エンタメChannel K、J SPORTSなど60以上のチャンネルを追加登録することで、別途のアプリやチューナーを使わず視聴できます。(国・地域によって異なります。) *1:コンテンツによってはダウンロードできない場合もあります   iTunesでPrime Video(月額会員制)に登録している場合(国・地域限定)、お支払いは購入確定時にiTunesアカウントに請求されます。また、現在のプランの期間を終了する24時間前までに自動更新しない設定にしない限り、会員登録は自動的に更新されます。それぞれのプランの期間が終了する前の24時間以内に会員登録が更新され、選択されたプランの料金がご登録のアカウントに請求されます。アカウントまたはiTunesで、会員登録の管理や自動更新しない設定に変更することができます。   欧州連合、英国、ブラジル内のお客様へ: このアプリを使用することにより、以下のリンクにあるAmazonの利用規約およびPrime Videoの利用規約に同意したものとみなされます:www.primevideo.com/ww-av-legal-home。以下のリンクからAmazonのプライバシーポリシー、Cookieに関する通知およびインタレストベース広告に関する通知をご確認ください:www.primevideo.com/ww-av-legal-home。   その他のすべてのお客様へ: このアプリを使用することにより、以下のリンクにあるAmazonの利用規約とプライバシーポリシーおよびPrime Videoの利用規約に同意したものとみなされます:www.primevideo.com/ww-av-legal-home。
全文表示
改善して欲しい点があります。 ①見終わったものがおすすめに出てくる 見終わったものは履歴に残るようにして、おすすめには見たことのない映画やドラマを表示してほしい。 見終わったものばかりがズラッと並ぶので未知のものを発見するワクワクが減ってしまう。 ②字幕と吹替の選択を簡単にしたい 基本的に字幕で観るのに、おすすめされるのは吹替版ばかり。 それでもすぐに字幕版が出てくるなら文句は無いのですが、字幕版は一向に表示されないので、タイトルで検索かけなきゃいけなくて。 ちょっとの事だけど、結構手間に感じてしまう。 これら以外は概ね満足です。 レビューがパッと見れなくなったのは残念です。 (★4)(24/6/10)
作品数も通信速度も申し分ないので Prime Video のコスパが年々増加している。そこでかえって拡大の足かせになっている点がいくつか目立つ。 ・再生速度が変えられない。今どきありえん。 ・エンディングが近づくと設定もしてないのにとっとと次の回に飛ばされる。気持ち悪い。意味不明。 ・広告なしプランがない。(これは別になくてもいい) ・それと関連してか、iOS と iPadOS はブラウザで再生できない。こちらが深刻。 ネトフリではこういった再生機能のニーズは解決されてますね。早く対応してくれると嬉しいです。パソコンじゃないと使い物にならない。 (★4)(24/6/10)
プライムビデオで購入したティファニーで朝食をが購入済みと表示されるも一向に再生できません。 アマゾンに問い合わせたところ、そのような不具合は起こっていません。Wi-Fiやサインアウトを試してください。これ以上の対応はできないと言われたのですが、3度目の担当者さんから大規模な障害が発生していると教えて頂きました。 障害の発生は仕方がないことですが、情報を知る担当者と知らない担当者が混ざっているのは問題です。 (★3)(24/6/4)
出来れば放送年順に並び替える機能が欲しいです (★5)(24/6/13)
倍速さえあれば最強 理想は2倍速最低でも1.5倍くらいは 作品数豊富だし安いし値段上がってもいいから 倍速ほしいね (★4)(24/6/12)
日本語にも字幕付けて欲しいです。音量あまり出せない時とか重宝するので (★4)(24/6/11)
レビューをもっと見る

One thought on “アマプラ、2024年7月20日に『Prime Video Presents Live Boxing 9』を独占ライブ配信決定”

  1. Prime Video Presents Live Boxing 9の配信が決定したことを知って、とても興奮しています!特に那須川天心選手の試合が楽しみです。日本人選手の活躍が目覚ましい中、中谷潤人選手や田中恒成選手の試合も見逃せません。Prime Videoのライブ配信は本当に便利で、プライム会員特典もたくさんあるので、楽しみが倍増しますね。これからの試合がますます楽しみです!

ご意見らくがき帳

匿名で自由にコメントしてください

カテゴリーへ移動して「Amazon Prime Video」の最新情報をチェックしてください