こんにちは。2022年06月22日 14時00分(水曜日)「カウンターサイド」の最新情報をお知らせします。有名イラストレーターが夢の共演! 『#カウンターサイド』壁紙第2弾公開! イラストコンテストを受賞された方々のイラストを壁紙として公開しました! 全19種をご用意!ぜひお使いのパソコン、スマホでご利用ください! https://t.co/a5WKVRxUZr https://t.co/1N6sxKG22d
twitterへ

カウンターサイドの最新動画

カウンターサイドの動画をもっと見る
カウンターサイドについて何でもお気軽にコメントしてください(匿名)

キャラクター育成×戦略×物語×アニメーションが融合した“リッチアニメRPG”『カウンターサイド』 ■あらすじ 舞台は2044年の近未来。 現実世界<ノーマルサイド>に侵攻を試みる、裏世界<カウンターサイド>からの「侵食現象」が発生。 あなたは民間軍事企業の社長として、異能力者「カウンター」たちで構成する各小隊の指揮を執り、<ノーマルサイド>に侵攻を試みる「侵食体」に対抗していきます…。 ■ド派手な演出と戦略性を兼ね備えたバトルシステム バトルは戦略性を楽しむシミュレーション要素と、自分の本陣を守り敵の本陣を破壊するオフェンス方式の​リアルタイムストラテジー要素で進行。 戦闘中はキャラクターが所狭しと動き回り、アニメーションを交えたド派手な戦闘を繰り広げます! ■100体を超えるキャラクターを育成しあなただけの小隊を編成しよう 可愛らしいキャラクターはもちろん、男性や近代兵器といった幅広い層のキャラクターが100体以上登場! Live2Dによってダイナミックに躍動する美麗イラストをお楽しみいただけます。 キャラクターは採用で雇用し、年俸交渉を上手く行うことでキャラクターの愛社心が上昇。愛社心が最大値まで上昇すると…? ■文庫小説6冊分を超えるメインストーリー 60万字以上(文庫本6冊相当)のメインシナリオに加え、サイドストーリーやキャラクター毎のストーリーも展開され、物語をより深く楽しめます。 綿密に作りこまれた世界観と重厚なストーリーをぜひ味わってみてください。 ■水樹奈々による主題歌 主題歌はヤナギ・ミナ役の声優、水樹奈々が担当。 作曲に上松範康(Elements Garden)、作詞に藤林聖子を迎え、 『カウンターサイド』の世界を表現した主題歌がゲームをより一層彩ります。(敬称略) ■リアルタイムPvP、レイドなどの多彩なコンテンツ リアルタイムで他プレイヤーと戦闘を行うPvP、最大24体のキャラクターで戦闘を行うレイドなど多彩な楽しみがあなたを待っています。 ■75名以上の豪華声優陣が続々出演 豪華声優陣がキャラクターの個性をより一層引き立てます。 藍原ことみ、雨宮天、稲田徹、今井麻美、石見舞菜香、内田真礼、内山昂輝、大西沙織、川澄綾子、小松未可子、子安武人、佐倉綾音、佐藤聡美、佐藤利奈、下地紫野、杉田智和、諏訪彩花、諏訪部順一、たかはし智秋、津田美波、豊口めぐみ、中井 和哉、中原麻衣、名塚佳織、沼倉愛美、のぐちゆり、花澤香菜、早見沙織、日笠 陽子、福圓美里、福山 潤、水樹奈々、安野希世乃、悠木碧(五十音順)-他多数(敬称略) ◇公式サイト:https://counterside.nexon.co.jp/ ◇公式Twitter:https://twitter.com/COUNTERSIDE_NXJ ◇公式LINE:https://lin.ee/WErCkV9 ■スマートフォンアプリアクセス権限案内 アプリ利用時下記のようなサービスを提供するために、アクセス許可を要求しています。 [オプションアクセス権限] 写真:映像の保存、写真やビデオのアップロードするために必要です。 カメラ:AR機能の利用、写真やビデオのアップロードのための撮影に必要です。 [アクセス権限を撤回する] ▶設定>個人情報保護>該当アクセス権限を選択>アクセス権限同意または撤回を選択全文表示
好きなところ:PVに力入れてある、グラフィックがとても美しい        ストーリーが自分好みにできている、やりがい満載。 出鱈目なレビューしてる人もいますが、そこは自分で見極めつけてください。 (★5)(22/6/22)
ゲームとしてはタワーディフェンスゲームです そこにわちゃわちゃとキャラクターが戦います コンテンツはストーリーコンテンツやPVP、ダイブやレイド戦などなど… SSRは比較的集めやすいかと… 各キャラクターにスキルや必殺技などあります。(カウンターと呼ばれるキャラのみ)よく考えて組むのも醍醐味ですね (★4)(22/6/22)
目立ったおもしろさは無いけど極端に悪くも無い。 ゲームから切り離せない周回を簡略化しスキップ、もしくは一度で複数回分の報酬を得る事が出来るように配慮されているのは大いに評価出来ます。全てのスマホゲーに見習わせたいくらいです。 (★3)(22/6/21)
無課金でも時間さえ掛ければキャラや装備が整えられるのでpvpで上位に行く事も決して不可能ではありません。 毎日・毎週・イベント等でガチャチケット、機密チケット(URの様なキャラを引けるチケット)、クォーツが配られますので、貯めればいつかは天井ゲットできます。 国産ゲーの様な「2ヶ月毎日デイリー貯めれば10連1回まわせる…」と言う様な無課金では話にならないという事はありません。 PV動画で戦闘シーンが心に刺さるなら、始めてみては! 相手を制して押し込む快感、病みつきになります。 (★4)(22/6/19)
ゲーム自体は面白い。魅力的なキャラとストーリー、素晴らしい音楽、リッチアニメの名に恥じぬキャラの動きなどよく出来ていると思う。 ガチャ渋いって言ってる人もいるけどガチャ券かなり配るので情報調べて取るキャラと捨てるキャラきっちり分けたら無微課金でも強い部隊は作れます。覚醒キャラは強いけどコスト重い(出すのに1.5倍〜3倍の時間がかかる)のでせいぜい3体位しか編成できません。 ただ、周回効率が良いだけのミッションならいくら難しくても良いけどストーリー付きのミッションでクリアさせる気がないレベルの難易度設定しちゃダメでしょう。今回のダイブ追加で辞める人居ると思いますよ? (★4)(22/6/18)
プレイして2週間ほどです。 ゲーム部分は有名どころだと某ウォーオブにゃんこ方式のタワーディフェンスです。 ユニットはざっくり言うと超能力者(所謂萌えキャラは主にココ)兵士(無能力者で鍛え上げた肉体と装備、そして数が武器)メカ(戦車から戦闘機、大型二足歩行ロボまで)に分かれています。 超能力者以外はリアル寄りのデザインが多めで設定もかなり凝っているし、一見しゃべらんだろうと思うような雑兵キャラが結構良いキャラしてるのが個人的に好評価。 世界観はかなり硬派で、かわいくて露出の多い女の子ズが前戦にいられる理由付けもしっかりされてる。 ストーリーはイベントや外伝含めて個人的には読み応えがあるし、和ゲーなので海外出のゲームでよくある言語のニュアンス違いのせいで和訳に違和感が感じるといった事もなくスラスラ読み進められる。 問題のアリーナ(ガントレット)ですが。現状は特別なガチャで手に入る覚醒ユニットが無双してる状態なので無理にやる必要はないでしょう。対人以外のコンテンツでは通常ガチャユニット、メインストリートだけならドロップユニットだけでもなんとかなります。それぐらい低レアユニットも強いのが多いです。 初心者にオススメは序盤でドロップする「ハウンド」(レア戦車)典型的な壁ユニットで入手難度の低さから限界突破も容易で育成が楽、それでいて最高レアに負けず劣らずの壁性能なので最後まで世話になる(なってる)。 追記 重複キャラを重ねる所謂「限界突破」はキャラが無くても必要数の「コア」があれば可能、入手難度もあまり高くない。だから「同名SSRキャラを何体も用意しなきゃ真の力を発揮できない」と言う事も無い。無論最初の一体は引き当てなきゃダメだが (★5)(22/6/13)
レビューをもっと見る

カウンターサイドの最新情報(30件)

カテゴリーへ移動して「カウンターサイド」の最新情報をチェックしてください

ご意見らくがき帳

自由に匿名でコメントしてください